「大人気でとても売れている」と店員さんにすすめられた「ドクターエア 3Dネックマッサージャー」を購入してみました

goods
先日あるテレビ番組を見ていたのですが、番組内で家電量販店の製品を紹介するコーナーの中で、ある「マッサージ機」の紹介がされていました。 私は、仕事がら肩や首のコリがひどくて毎日のように悩まされているのですが、その「マッサージ機」が良さそうだったので購入を検討しようと思い、後日、家電量販店に買いに行きました。 ですが、その商品は取り扱っていないようで売っていませんでした。というわけで、接客された店員さんに相談したところ「1日10数台は売れている人気の商品です」とおすすめされた「ドクターエア 3Dネックマッサージャー」を実際に試してみて「これはいい!」と思い、買いました。

「ドクターエア 3Dネックマッサージャー」を買いました

当初狙っていたマッサージ機ではないのですが、要するに「毎日悩まされている肩や首のコリが解消できればOK」なので、私はマッサージ機そのものにこだわりはありません。というわけで、実際に試してみて本当に買ってよかったと思った製品なので、もし気になる方がいらっしゃいましたら、ご参考くださいますと嬉しいです。

中身を開けました

中身はこんな感じに梱包されています。

製品内容

本体、充電コード、説明書が入っています。

本体について

本体は首に巻くタイプのマッサージ機となっていて、両手を通すグリップがあります。また、本体は充電式コードレスタイプなので、持ち運べてどこでもマッサージができます。車の中に一台置いておく、というのもアリじゃないかと思います。

電源・操作ボタンについて

下の画像は電源や操作ボタンをクローズアップさせた写真です。 上から、
  • もみ玉の反転ボタン(正回転、逆回転)
  • 電源ボタン
  • ヒーターボタン(ボタンを押すともみ玉が温かくなります)
があります。

充電中の様子

充電中は赤色に点灯し、充電が完了すれば緑色に点灯します。

さっそく使ってみました

充電が完了したので、使ってみました。下の写真のように、本体の中心部分を首に乗せて、両腕をグリップに通すのが基本的な使い方です。 使用している女性は、身長158センチです。標準ぐらいの人で、ちょうどいい大きさ!

後ろから見るとこんな感じ

もみ玉をあてる部分がメッシュ素材となっているのでムレ防止にもなりそうです。

グリップの角度を変えると揉み方を変えられます

下の写真のように両腕のグリップを上に持ち上げることで、もみ玉があたる位置も変わるので、様々な箇所をほぐすことができます。

首や肩だけじゃない!他の部位にも使える

今回ご紹介したのは首のみですが、腰・背中・ふともも・ふくらはぎなど、様々な部位にも利用できると説明書にも書いてあります。これは重宝しそうです・・・!

「もみ」の強さを変えるコツ

この「ドクターエア 3Dネックマッサージャー」には、もみの強さやスピードを変えるボタンなどはありません。 「じゃあ、どうやって強弱をつけるのか?」と疑問になる方もいらっしゃると思いますが、例えばですが、寝転んだり、イスに座って自重で本体を挟んで使用することで負荷のかかり方も変わるので、ご自身の腕の力や体重を利用して強弱つけていくスタイルです。

汚れたら洗えますか?

使っていくうちに汚れてしまった場合は、軽く水で拭き取りもできます。

まとめ

巷によくあるマッサージ機は、いくつもの強弱を付けられるボタンがあることが多いですね。そもそも、その強弱の程度に全ての方が満足できるかどうかというと、人それぞれ感じ方が違うと思うので、自分で負荷をかけていく「ドクターエア 3Dネックマッサージャー」は、とてもシンプルで合理的に作られていると感じました。 自宅で手軽にホームマッサージするにはとても良い製品だと思いますので、このページの情報がご参考となりましたら幸いです。楽天でも同じ商品が販売されていますので、あわせてご参考ください。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドクターエア 3Dネックマッサージャー 価格:14800円(税込、送料無料) (2017/11/17時点)